住宅関連

スポンサーリンク
お金のこと

【返済不安を解消!】年収300万円の借り入れ範囲額で住宅ローンを借りて良かったこと4選!

住宅ローンを借りる時は"借りられるか"と"今後返済していけるか"の両方で悩むことがあると思います。わが家はペアローン・収入合算などをせずに僕(世帯主)の年収300万円の借入範囲額で住宅ローンを借りました。借りられる金額は少ないものの年収300万円に見合った住宅ローン借入額で良かった点についてまとめました。
住宅関連

【築30年と新築住宅】住宅打ち合わせに使える!前の住居の特徴・後悔は家づくり成功のヒント!

住宅打ち合わせでは以前住んでいた住宅の後悔ポイントを活かすと家づくりの成功に近づきます。今回は築30年アパートに住んでいた僕達の後悔ポイントを新築ローコスト住宅の住宅打ち合わせで活かした内容について解説しています。30年前の住宅設備の性能も分かりますので参考にどうぞ。
ピックアップ

【LDKの大きさ】注文住宅の16帖LDKは広い?狭い?16帖LDKが快適である理由を解説!

注文住宅で16帖LDKを大きいと思いますか?狭いと思いますか?僕の感想は"ちょうどいい"です。大きいLDKと小さいLDKのそれぞれの心配点を16帖LDKなら住宅構造・配置する家具などからカバーできるためです。今回はわが家の16帖LDKがなぜ、快適であるかの理由について解説していきます。
お金のこと

【電気代徹底比較】2022年値上げの影響は?2021年オール電化ローコスト住宅の電気代と比較!

2022年は円安などの影響で物価が上がっています。その中で生活に必要な電気代も上がっています。今回はわが家の新築ローコスト住宅の入居1年目(2021年)と入居2年目(2022年)の電気使用量・生活環境から電気代にどう影響が出たかを解説します。
住宅関連

【玄関の広さと活用】快適な玄関は何畳?わが家の玄関スペースが5畳で良かった理由5選!

住宅を購入される方は「玄関の大きさ」を気にしたことはありますか?注文住宅の場合、間取りを決めることができるため「リビング」「寝室」を大きくすることに注目すると思います。そこで検討して欲しいのが玄関を大きくすることです。今回は玄関スペースが広いことで生活が快適になる理由について解説します。
住宅関連

【住居・土地の売却】売れない訳あり物件の救世主!「訳あり物件買取プロ」の魅力を解説!

売りたい住居・土地が訳あり物件でお困りの方はいませんか?訳あり物件は売却が難しく、売却できたとしてもお金にならないことが多いです。しかし、今回紹介する「訳あり物件買取プロ」なら、物件を買い取ってもらうことが出来る上、思っている以上の買い取り額を提示してくれるかもしれません。
住宅関連

【小さい2階建て住宅】延床面積29坪の間取りでも快適!わが家の生活環境・状況から解説!

注文住宅にするのなら大きい家が良いと思っている方は多いと思います。我が家の新築注文住宅は延床面積約29坪ですが、自分達の生活環境や老後の暮らし、そして予算面から考えてメリットがあります。その延床面積29坪でも快適に満足できる理由について紹介しています。
お金のこと

【賛否両論】一戸建て住宅の太陽光発電は必要?わが家が太陽光発電を設置しなかった理由8選!

近頃は電気代が上がっていく中、住宅に太陽光パネルを設置して発電した電気を自宅で使用する家庭が増えてきています。わが家も住宅購入時に担当の方から太陽光発電の有無について聞かれ、結果は太陽光発電を設置しませんでした。今回は賛否両論ある太陽光発電を設置しなかった理由について解説していきます。
住宅関連

【持ち家と賃貸】どっちがいい?一戸建てを購入して感じた金銭面・自由度の違いを紹介!

持ち家と賃貸にはそれぞれ良さがあり、違いがあります。住宅ローンがあることによって身軽さ・金銭面に違いがあり、賃貸の場合は退去時に「元の状態に戻す」という決まりがあるので自由度に差があります。今回は持ち家を購入して、以前に賃貸アパートに住んでいた視点から持ち家と賃貸の違いについて解説します。
住宅関連

【向き不向き】ローコスト住宅購入をおすすめできる人の特徴と考え方とは?

どんな住宅を購入しようか悩んでいませんか?そんな方にぜひ候補に入れて欲しいのが「ローコスト住宅」です。車でも軽自動車・普通車とあるように住宅においても施主さんの「目的」にあったお家であればローコスト住宅でも満足できます。今回はそんなローコスト住宅の向き不向きな方の特徴についてまとめました。
タイトルとURLをコピーしました