間取り

スポンサーリンク
ピックアップ

【LDKの大きさ】注文住宅の16帖LDKは広い?狭い?16帖LDKが快適である理由を解説!

注文住宅で16帖LDKを大きいと思いますか?狭いと思いますか?僕の感想は"ちょうどいい"です。大きいLDKと小さいLDKのそれぞれの心配点を16帖LDKなら住宅構造・配置する家具などからカバーできるためです。今回はわが家の16帖LDKがなぜ、快適であるかの理由について解説していきます。
住宅関連

【玄関の広さと活用】快適な玄関は何畳?わが家の玄関スペースが5畳で良かった理由5選!

住宅を購入される方は「玄関の大きさ」を気にしたことはありますか?注文住宅の場合、間取りを決めることができるため「リビング」「寝室」を大きくすることに注目すると思います。そこで検討して欲しいのが玄関を大きくすることです。今回は玄関スペースが広いことで生活が快適になる理由について解説します。
住宅関連

【小さい2階建て住宅】延床面積29坪の間取りでも快適!わが家の生活環境・状況から解説!

注文住宅にするのなら大きい家が良いと思っている方は多いと思います。我が家の新築注文住宅は延床面積約29坪ですが、自分達の生活環境や老後の暮らし、そして予算面から考えてメリットがあります。その延床面積29坪でも快適に満足できる理由について紹介しています。
住宅関連

【夏編】新築一戸建ての2階は暑い?ローコスト住宅の各部屋の温度変化を計測!

夏になって気温も上がってくる中、住宅の部屋の室温がどう変化していくのか気になる施主さんはいませんか?今回は「窓がないトイレ」「西日が当たる洗面室・脱衣室」「LDKの窓枠内の温度」「2階の室温」など木造2階建て住宅の室温を外気温と共に測定し、グラフにして解説しています。住宅購入を検討中の方は参考にしてください。
住宅関連

【家づくり初心者向け!】住宅会社選び&建築例・役立つ情報が多数ある持ち家計画の資料請求とは?

住宅購入を検討し始めると何から始めたらいいか悩みませんか?住宅展示場・モデルハウス巡りをすることもあると思いますが、先に気になる住宅会社を選んでから見学に行く方がより理解が早いと思います。その住宅会社選びをこだわり条件を入力することで選定できて、カタログ請求もできる住宅資料請求サービスの「持ち家計画」を紹介します。
住宅関連

【実は重要⁉】ローコスト住宅の箱型玄関ホール階段とは?我が家の階段の寸法や画像・機能面から解説!

注文住宅の間取り打ち合わせで階段のことについて考えたことってありますか?じつは階段の配置って家の間取りを考える上で初めに決めるくらい重要なポイントみたいです。今回は我が家のローコスト住宅で採用した箱型タイプの玄関ホール階段について間取り図面や実際の画像と共にメリット・デメリットについても解説します。
住宅関連

【体験談】変形地に新築住宅を建てることを検討中の方に知っておいて欲しい変形地のポイントを解説!

注文住宅購入において土地選びは重要です。我が家はローコスト注文住宅を購入しましたが、土地は整っていない"変形地"を選び、更に住宅購入予算を抑えることが出来ました。今回はその我が家の変形地を選んだ経験談から、変形地について知っておいて欲しいポイントをまとめました。
住宅関連

子供部屋を将来、間仕切る間取りを採用・検討中の方に知っておいてほしい注意点を解説!

注文住宅で子ども部屋を仕切らずに大きい1つの部屋として使用する間取りが流行っています。我が家でもその間取りを採用しましたが、この間取りを採用・検討中も方に知っておいて欲しい注意点をまとめました。仕切らないことで自由度が上がるのですが、その分選択肢が増えてしまうため悩むことも増えてしまいます。
住宅関連

【延床面積29坪】我が家のローコスト注文住宅の収納スペースは?間取り図面と画像から解説!

注文住宅の間取りで気になるのが「収納」ですよね。我が家の場合、延床面積29坪というそこまで大きな家ではありませんが、収納スペースに関しては満足しています。それら我が家の収納スペースについての間取り図面から実物画像と何を収納しているかを紹介すると共にその利便性についても解説します。
お金のこと

約100万円をコストダウンできた注文住宅で削ってよかった部分とは?我が家の削った理由や箇所について解説!

ローコスト注文住宅の費用のコストダウンに繋がる内容を紹介しています。我が家ではコストダウンにつながる削った部分の金額は約100万円になります。生活環境に合わせて要らない部分を削ることで将来のメンテナンス費の削減や家の性能を上げることができ、家のスペースを有効活用できるポイントも共に解説しています。
タイトルとURLをコピーしました