プロフィール

和太
和太

当ブログを見て頂きありがとうございます!和太です。

このブログではローコスト住宅で注文住宅を建てた我が家の経験からブログを見ていただける皆様へ何かお役にたてる情報を提供できればという趣旨で行っております。

こんな方に見てほしい!
  • 低年収でも新築住宅が欲しい方
  • ローコスト住宅を検討中の方
  • 打ち合わせの流れ、工事の流れを知りたい方
  • 実際に新築ローコスト住宅に「住んでどう?」って気になる方
スポンサーリンク

略歴

和歌山県和歌山市で生まれ、育った30代男性です。妻と子ども(男の子)一人の3人家族です。

大阪の大学(大阪工業大学)に通っていましたが、人混みや通勤ラッシュが嫌いで地元で就職をしました(笑)

特に趣味はありませんが、アナログレコードを集めたり(一部のアーティストだけですが)、投資信託・米国高配当ETFの購入などをしています。

あと野球とアニメが好きです。

実家は市営の団地で、小さいころは家の中に階段があるっていいなと子供ながらに思ったことを覚えています。

ただ、遊ぶのに良さそうという理由なんですが(笑)

また仕事に関しては転職を繰り返して、現在は化学工場の交代勤務をしています。

同じ年代でボーナスが貰える会社に勤めている人に比べると、ボーナスの貰える回数は5回ほど損をしているかもしれません(笑)

和太
和太

しかし、転職を繰り返したおかげで会社を見る目がかなりシビアになり、貯金の重要性が分かったのも事実です。

【住宅ローンを組む前に!】将来起こる出来事と貯金の重要性とは?

そして、2020年に第一子である男の子が誕生し、同年に新築住宅を購入しました。

スポンサーリンク

土地・建物・諸費用・外構工事込みで2400万円のローコスト注文住宅を購入

住宅購入に至る流れはこんな感じです。

2020年1月頃同年に子供が産まれるので5年以内を目標に住宅購入を意識。
土地についての情報収集を開始(坪単価、立地について)
2020年6月長男誕生。ネットや広告チラシなどから情報収集継続中。
2020年7月〜9月地元の土地の相場が分かってきた。
気になる土地を家族で散歩しながら巡る。
2020年10月自分達の条件に合った土地がでる。
住宅の勉強も兼ねて住宅展示場や、各住宅会社を巡る。
2020年11月末条件に合った土地を販売していた「こうふくホーム」さんと契約。
2020年12月〜2021年4月末住宅についての打ち合わせと工事
2021年5月中頃入居完了
和太家の住宅購入流れ

今思うと流れとしては急なところもありましたが、土地に関しては半年くらい情報収集と勉強をしていました。

住宅に関しては奥さんが妊娠中や子供を見ながらの大変な時期でしたが、家にいながら少しずつ情報収集や勉強をしてくれていました。

そして、タイミング良く自分たちの条件にあった土地を見つけることができ、そして和歌山の住宅会社「こうふくホーム」さんで住宅購入という流れになりました。

建築中 住宅
建築中の和太家
購入した住宅
  • 土地50坪台
  • 延床面積(1・2階の床面積)29坪
  • 総費用2400万円(土地・建物・諸費用・外構工事込み)

建物はそこまで大きいわけではありませんが、庭もそれなりにある家で、総費用が2400万円のお家です。

和太
和太

出来るだけ後悔の無い土地・住宅を購入するためには情報収集と自分達の今後のライフスタイルを把握しておくことです。

そして、2021年5月中頃からは新築住宅に引っ越し、新たな生活をスタートしています。

住宅購入に至った流れや、予算・打ち合わせ内容、そして住みだしてからの気付いた点を記事にして発信しています。

自分に合った住宅を購入したい

黒い家
庭方向からの和太家

住宅購入を考え出して初めは何も考えていませんでしたが、途中から考え方は変わりました。

僕達夫婦が住宅と土地を購入する上で一番大事に思ったことは、「自分達に合った家にしたい!」ということ。

それは

  • 自分達の生活環境に合った間取り
  • 必要な間取りがあれば建物は小さくても良い
  • 月々の固定費は出来るだけ抑えて、旅行などにお金を使いたい
  • 住宅ローンはあくまで借金、返すのは自分なので借り入れ金は少なくする

家は生活に必要ではありますが、その家のせいで生活費が圧迫されるようなことがあってはいけません。

和太
和太

今の日本では年収はあまり上がりにくいにも関わらず、子供が成長すれば更にお金も必要になります。

住宅購入時は年収300万円であり、今の段階で無理をして住宅を購入すると、きっと将来住宅ローンや維持費・子供の教育費で苦労すると思いました。

このような考えから僕達夫婦は“ローコスト住宅”での住宅購入となりました。

お金をかければ良い家ができます、でも、その分費用とメンテナンス費もかかります。

「本当に良い家」とは“自分の身の程に合った予算で満足できる家”のことをいうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ブログを始めたキッカケ

僕自身、30代前半ながら転職回数3回、勤務年数も2・3年と短い期間での転職を繰り返し、年収も300万円と決して多くない収入です。

しかし、奥さんと協力しながら財テク、ポイ活などを行い、貯金を作りました。

知識情報を得ると自分達が貯金するためにはいろいろなノウハウがあったり知らないとお金だけが無くなっていく、世間では必要とされているものが本当に必要なのかが見えてきました。

↑上記の本は人生のイベントで発生するお金の情報や、税金、保険、お金を貯めるノウハウといったものを分かりやすく、かつ、この1冊で網羅できるようになっている我が家でも参考にした本です。

この「本当に必要なのか?」と疑問に思うことができる情報を知っているだけで考え方が変わります。

奥さん
奥さん

貯金の近道は家計管理と日々の支出をいかに減らせるかです。

そのおかげで住宅会社との契約時は貯金が1000万円以上もあり、前向きに住宅購入を検討できました。

そして、地元の銀行で金利0.445%という公務員や上場企業の社員並みの優遇を受け単独名義での住宅ローンの借り入れができ、新築ローコスト注文住宅を購入することができました。

このような年収の低い僕がブログを見てくださった方、同じ境遇の方に勇気を持って住宅購入に向けて動いて頂ければと思い、ブログを始めました。

和太
和太

そして、ローコスト住宅の良さをもっと知って欲しい!

ローコスト住宅は広告費の削減や設備の仕入れなど、企業努力で安さを実現しているのであって建物自体もしっかり建築されています。

また、地元和歌山で住宅を購入するにあたり、情報などを調べると地元での住宅情報が少なく感じました。

そういう点もブログを始めたキッカケです。

お伝えしたいこと

このような僕が

  • 貯金をするために行ったこと
  • 新築購入をする際にお金面で注意したポイント
  • 注文住宅の参考になること

を記事にして、発信できればと思います。

我が家の住宅に関しての記事を見て頂いて、「ローコスト住宅でも良いやん!」とか「年収低くても自分達に合った家が良いんやな。」と思って頂けると嬉しいです。

是非、「和太の暮らし通信簿」で情報収集をして理想の家づくりに活用してもらえればと思います。

そして、少しでも良いのでブログを見てくださった方々の力になれれば幸いです。

ブログを開設して1年になりました!

2022年4月をもちまして当ブログを開設して1年を迎えました。

ブログ開設1年を機にアイコンを

和太
和太

以前の僕です。

奥さん
奥さん

以前の私です。

和太
和太

New和太です!

奥さん
奥さん

新しい私です!

フリーイラストのものを利用していましたが、オリジナルアイコンに変更しました。

初めは「年収の低い方でも住宅は購入できる!」「和歌山の方に知って欲しい」という気持ちで始めた当ブログですが、

今では、和歌山県の方以外の都道府県の方にも読んで頂いている状態です。

そして、1ヵ月間で読まれている当ブログの記事は8000ページを超えるようになり、9000ページという数字も見えてきました

和太
和太

見て頂けることが本当に嬉しいですし、心から感謝を申し上げます。

当ブログを1年も続けられたの読者である皆様のおかげです。

これからもお困りになっている方の力になれるような記事を書いていければと思います。

そして、ご家族や友人職場でお困りになっている人がいれば当ブログを勧めていただけると幸いです。

スポンサーリンク
フォローしてくれると嬉しいです!
和太の暮らし通信簿
タイトルとURLをコピーしました