サンゲツの壁紙クロスを施工した我が家がオススメする9箇所の各部屋と品番の画像を解説!

住宅関連
この記事はこんな方にオススメです。
  • 壁紙クロス選びに悩まれている方
  • サンゲツの壁紙クロスを選びたい方

間取り、コンセント位置、照明、スイッチとだいたいの家のことが決まったある日の打ち合わせの最後に、担当の営業さんが大きい紙袋を持ってきました。

営業さん
営業さん

では、クロスのお色の方も決めかけて頂いてよろしいでしょうか。

と営業さんが言いながら大きな紙袋から、分厚いカタログを見せてくれました。

おそらくどのご家庭でも時間がかかるであろうクロス選びです(笑)

もともと住宅購入が「建売住宅でも良い!」というところからスタートした僕達は”自由設計”で間取り決められてその他にコンセント・照明も打ち合わせ出来て自分達の希望が叶う家になることに満足していました。

そこに壁紙クロスまで選んで良いと分かり更に嬉しくなりました。

ゆっくり決めて良いと営業さんに言ってもらった僕達は家に帰りいろんな家のクロスの情報をネットで探し選んでいきました。

和太
和太

好きな色、素材感が選べるのは嬉しいな!

奥さん
奥さん

注文住宅の醍醐味のひとつかも。

壁紙クロス選びが注文住宅の醍醐味の1つである理由は

  • 全ての壁に自分達の好きな色・模様をカスタマイズできる
  • 賃貸や他の注文住宅と違う個性が出せる

今後ずっと住む家であり壁も量が多く、夫婦それぞれのセンスも重なるので時間がかかるのは当たり前です(笑)

和太かんたん自己紹介
  • 3人家族(和太・奥さん・男の子)
  • 転職回数が多く、年収300万円台
  • 転職が多かったため、節約の重要性に目覚める
  • 土地・建物・外構・諸費用込みの2400万円のローコスト住宅を購入
  • マイホームでの月々の住居費・水道光熱費が平均6.5万円台で生活中

今回の記事はその壁紙クロス、我が家の各部屋の壁紙クロスを画像と共に紹介します。

基本は白をベースにアクセントカラーを入れていきました。

メーカーは「サンゲツ(sangetsu)」さんで、品番も載せていますので参考にしてください。

スポンサーリンク

和太家の「サンゲツ」さんの壁紙が選ばれている各部屋

好きな色、素材とカタログには色々種類がありましたが我が家はベースを白色にして、青色・灰色に近い色と少し木目調の壁紙を選びました。

サンゲツの壁紙が選ばれている各部屋
  • ホールの天井
  • シューズクローク
  • キッチン
  • キッチンカウンター下
  • トイレ
  • 畳コーナー
  • 寝室
  • 子供部屋
  • クローゼット

和太家の壁紙クロスは「サンゲツ」さんのSPシリーズFINE1000シリーズをメインに採用しています。

  • ベースにした白色の壁紙クロスは、SPシリーズ、品番“SP9501”

「SP9501」は新しくなり現行品番は「SP2828」になります。ちなみにですがSPシリーズは品番が新しく変更された物が多いです。

広い空間などにオススメの品番です。

サンゲツ SP9501
サンゲツ SP9501
収録カタログ品番分類機能性
SP2019ー2021年SP9501天窓まるごと防カビ・表面強度・ストレッチ・軽量
「SP9501」の特徴

また、壁紙クロスを決める住宅会社さんとの打ち合わせのタイミングは、住宅の棟上げが始まる前にスタートしていました。

ローコスト住宅のためか住宅購入の契約をしてから住宅引き渡しまでの期間がすごく早かったです。

和太家ローコスト住宅の「棟上げからの新築工事日程と各打ち合わせの流れ」とは?

では、各部屋の壁紙クロスを紹介していきます。

部屋① ホールの天井(FE6223)

ホールの天井には

  • 「サンゲツ」さんの“FINE1000”、品番”FE6223”

を施工してもらいました。

和太家の1階天井の木目調がおしゃれな壁紙クロス
和太家の1階天井ホールの木目調がおしゃれな壁紙クロス
和太家の2階天井ホールの木目調がおしゃれな壁紙クロス
和太家の2階天井ホールの木目調がおしゃれな壁紙クロス

上の画像が1階のホール、下の画像が2階のホールです。木目調の壁紙クロスを施工してもらいました。

サンゲツ FE6223
サンゲツ FE6223
収録カタログ品番分類機能性
FINE 2019ー2021年FE6223木目不燃・防カビ
「FE6223」の特徴

玄関から入った時に全面が白いクロスだとアパートと同じで味気ないと思い、せっかくの一戸建てなのでホールの天井は木目調のアクセントクロスにしました。

奥さん
奥さん

玄関ドアや建具も木目調なので、天井と一体感もあって気に入っています。

他の壁紙は白色なので更に天井壁紙クロス・玄関ドア・建具の木目調が目立って良いです。

和太家ではその他、住宅設備・建具などに木目柄のデザインのものを多く採用しています。

外からみた木目調ドアの夜の雰囲気
外からみた木目調ドアの夜の雰囲気

ローコスト住宅である我が家が採用できたおしゃれな木目調・木材の住宅設備や建具のメーカーや色の名前をまとめた記事があるので良ければご覧ください。

部屋② シューズクローク(SP9579)

玄関の横にあるシューズクロークには水色っぽい壁紙クロス

  • 「サンゲツ」さんのSPシリーズ、品番”SP9579”

を施工してもらいました。

「SP9579」は新しくなり現行品番は「SP2879」になります。

和太家の水色の壁紙クロスがかわいいシューズクローク
和太家の水色の壁紙クロスがかわいいシューズクローク
サンゲツ SP9579
サンゲツ SP9579
収録カタログ品番分類機能性
SP2019ー2021年SP9579和・パターン・カラー防カビ・表面強度・撥水コート・抗菌
「SP9579」の特徴

やはり、こちらも白いだけだと味気無いなと思い、水色のアクセントクロスにしました。

このシューズクロークは住みだしてからの良かったポイントの1つです。

奥さん
奥さん

我が家は延床面積29坪とそこまで大きくない住宅ですが、収納スペースは設計士さんが良く考えてくれたな~って感じです。

しっかり片付けて整理整頓できればこのクロスも見ることができるので、シューズクロークを綺麗に保つお守りとしても役立って欲しいです。

部屋③ キッチン(FE6133)

キッチンのクロスは奥さんが選びました。僕も気に入っています。

  • 「サンゲツ」さんの“FINE1000”、品番”FE6133”

を施工してもらいました。

LDKのキッチンの印象を変えるグレー色壁紙クロス
LDKのキッチンの印象を変えるグレー色壁紙クロス
サンゲツ FE6133
サンゲツ FE6133
収録カタログ品番分類機能性
FINE2019ー2021年FE6133石・塗り防カビ
「FE6133」の特徴

リビング方向からキッチンを見ると、このグレーの色がキッチンカウンターの色と合っていて更に気に入りました。

最後にLDK全体の画像も載せています。

部屋④ キッチンカウンター下(SP9590)

キッチンカウンター下の壁紙を選ぶこともできました。

営業さん
営業さん

キッチンカウンターの下にある小さい部分も実は壁紙を貼るんですよ。

最初に言われた時はこんな小さい面積も選ぶんだなと思いました。

注文住宅はこだわりの塊であり、小さい面積でも選ぶ色で印象は変わってしまうため重要です。

  • 「サンゲツ」さんのSPシリーズ、品番”SP9590”

※この「SP9590」は廃番となっており、メーカーの在庫が無くなり次第販売終了です。

キッチンカウンター下 雰囲気
キッチンカウンター下 雰囲気
サンゲツ SP9590
サンゲツ SP9590
収録カタログ品番分類機能性
SP2019ー2021年SP9590和・パターン・カラー防カビ
「SP9590」の特徴

天井などに使った木目調と雰囲気が違う木目調の壁紙クロスです。

キッチンの壁紙クロスがグレー色なので色合いがマッチしていて選んで良かったです。

奥さん
奥さん

我が家ではこのキッチンカウンターにレザーのカウンターチェアを購入してカフェのような空間になっています。

キッチンカウンターの雰囲気
キッチンカウンターの雰囲気

キッチンカウンターに赤ちゃん用の椅子をつけて、料理やお皿洗いなどをしながら小さい子どもをみることができます。

また、ご飯を上げることができるのでこのカウンターチェアを購入して良かったです。

このカウンターチェアの他、電気代削減・機能性などを重視したコスパの良い新居での生活に役立つ我が家の家電・家具をまとめた記事もありますので良ければご覧ください。

部屋⑤ トイレ(SP9579)

トイレにはかわいい色の壁紙クロス

  • 「サンゲツ」さんのSPシリーズ、品番”SP9579”

を施工してもらいました。

こちらの色は奥さんが直感でこの色が好きという理由で選びました。

実はこの色、シューズクロークのアクセントクロスの色と同じです。

和太家のトイレにかわいい雰囲気を演出する水色壁紙クロス
和太家のトイレにかわいい雰囲気を演出する水色壁紙クロス
奥さん
奥さん

トイレに窓がないので更に壁紙クロスの色が目立って良いです。

我が家ではあえてトイレやバスルームの窓を無くしてもらいました。

和太
和太

窓を無くすことによりコストダウンができ、住宅性能アップにも繋がります。

窓は壁よりも断熱性能が低いため、外気温を家の中に伝えやすく外気温の影響を受けやすくなります。

また、臭気に関しても窓を開けるよりも換気扇だけの方が換気効率が上がるため、トイレの窓をなくすことは一石二鳥です。

【住宅費用コストダウン!】和太家が約100万円分の住宅建築費用を削れた箇所とは?

またトイレのクロスの白色は撥水機能付きの白色を選んでいます。

しかし、住宅系のYouTuberの方の中にはこの機能性の壁紙が本当に効果があるのかは分からないという意見もあったので、お守り程度にこの白色壁紙にしました。

部屋⑥ 畳コーナー(FE6223、SP9591)

畳コーナーのクロスは僕が選びました。

  • 天井のクロスは、「サンゲツ」さんの“FINE1000”、品番”FE6223”
  • 壁のクロスは、「サンゲツ」さんのSPシリーズ、品番”SP9591”

「SP9591」品番は新しくなり現行品番は「SP2898」になります。

畳コーナーの天井クロス(FE6223)は、ホールの天井と同じです。和室っぽくて結構気に入ってます。

和太家の畳コーナーの和を演出する壁紙クロス
和太家の畳コーナーの和を演出する壁紙クロス
サンゲツ SP9591
サンゲツ SP9591
収録カタログ品番分類機能性
SP2019ー2021年SP9591和・パターン・カラー防カビ・表面強度
「SP9591」の特徴

他の面のクロスは薄めのグレー色を選びました。畳コーナーはリビングの横にありますが、畳があるので「和室」っぽくしました。

スポンサーリンク

部屋⑦ 寝室(FE6139)

寝室は家族しか入らない空間ということで我が家で一番遊んでいる色の

  • 「サンゲツ」さんの“FINE1000”、品番”FE6139”

を施工してもらいました。

和太家で1番濃い青色で遊んでいる寝室壁紙クロス
和太家で1番濃い青色で遊んでいる寝室壁紙クロス
サンゲツ FE6139
サンゲツ FE6139
収録カタログ品番分類機能性
FINE2019ー2021年FE6139石・塗り防カビ
「FE6139」の特徴

寝室は濃い目の青色を選びました。画像からは分かりませんが、塗り壁調です。

そしてこの濃い目の青色壁紙クロスのある上下窓には施主支給のハニカムスクリーンを設置しました

濃い青色の壁紙と合うクリーム色のハニカムスクリーン
濃い青色の壁紙と合うクリーム色のハニカムスクリーン

実はハニカムスクリーンはカーテン類の中では断熱性能が良く、見た目もスタイリッシュでおしゃれです。

ただ、窓枠に合うようなサイズが実店舗では少なく、オーダーになるとまあまあな値段になります。

どうしてもハニカムスクリーンを設置したかった我が家では、選べる色が豊富で「値段最安値!」を売りにしているネット販売で購入しました。

気に入った色やデザインを無料で送付してもらえるので壁紙クロスの色と送付してもらったサンプルの色を確認しながら購入できる点はおすすめです。

ハニカムスクリーンの他に

  • オシャレな単独ポスト
  • 玄関の見た目アップなアイアン表札
  • 背が低い人でも使いやすい食器棚

といったものをネットで購入することによりポイント還元を最大限に利用して施主支給品をお得に購入しました。

その我が家の施主支給品についてまとめた記事がありますので良ければご覧ください。

部屋⑧ 子供部屋(SP9562)

子供部屋は今は仕切らずに大きな部屋としています。

  • 「サンゲツ」さんのSPシリーズ、品番”SP9562”

「SP9562」品番は新しくなり現行品番は「SP2833」になります。

いずれ子供が大きくなった時に好みが出てくると思うのでシンプルな壁紙クロスにしています。

和太家の子供部屋のシンプルなグレー色の壁紙クロス
和太家の子供部屋のシンプルなグレー色の壁紙クロス
サンゲツ SP9562
サンゲツ SP9562
収録カタログ品番分類機能性
SP2019ー2021年SP9562防カビ・表面強度・軽量
「SP9562」の特徴

薄めのグレー色を選びました。

照明を点けると薄いグレー色で白色の壁紙との違いも分かりやすいですが、照明を点けずにいると日中でも色の違いはそこまで分かりません。

また、子供部屋を仕切っているともう一つ色を選べましたが、まだ子供が1人しかいないので大きな部屋にして遊んでもらう間取りにしました。

そのため一つの大きな壁紙クロスを使用してもらうことになりました。

子ども部屋を建築時は大き1部屋しておいて子どもが成長すると間仕切りして2部屋に分ける間取りが流行っています。

  • エアコンの選定が難しい
  • 壁を設置する費用
  • 仕切り方で将来の部屋の自由度が変わる

など我が家もこの間取りを採用して感じた、将来間仕切る子ども部屋の間取りを採用・検討中の方に知っておいて欲しい注意点をまとめましたので良ければご覧ください。

部屋⑨ クローゼット(SP9592)

クローゼットは扉で隠れるので直感でいいなと思ったクロスにしました。

  • 「サンゲツ」さんのSPシリーズ、品番”SP9592”

※この「SP9592」は廃番となっており、メーカーの在庫が無くなり次第販売終了です。

和太家のクローゼット壁紙クロス
和太家のクローゼット壁紙クロス
サンゲツ SP9592
サンゲツ SP9592
収録カタログ品番分類機能性
SP2019ー2021年SP9592和・パターン・カラー防カビ
「SP9592」の特徴

照明の照らし具合で画像では青っぽく見えてますが、黒色のクロスです。

スポンサーリンク

【まとめ】豊富な商品カタログから気に入った色と雰囲気で選ぼう!

では最後に我が家の各部屋に施工されている「サンゲツ」さんの壁紙クロスをまとめます

部屋シリーズ品番
ベースの白色SPSP9501
(現行品番SP2828)
ホールの天井FINE1000FE6223
シューズクロークSPSP9579
(現行品番SP2879)
キッチンFINE1000FE6133
キッチンカウンター下SPSP9590
トイレSPSP9579
(現行品番SP2879)
畳コーナーFINE1000
SP
FE6223
SP9591
(現行品番SP2898)
寝室FINE1000FE6139
子供部屋SPSP9562
(現行品番SP2833)
クローゼットSPSP9592
和太家の各部屋に施工されている「サンゲツ」さんの壁紙クロス

我が家の各部屋の壁紙クロスはいかがだったでしょうか?

住宅費用が1000万円前半のローコスト住宅になりますが、範囲内で各部屋自由に壁紙クロスを選べたことに満足しています。

各部屋の壁紙クロスの色は、青色、灰色を濃くしたり、薄くしたりして統一感を出すようにしました。

和太
和太

壁紙クロスのカタログは分厚く同じような色の物が多く載っていて、見るのが疲れてきたりします(笑)

後悔を減らしたいのであれば根気強く選んで入居後のイメージしてするのも良いかなと思います。

我が家では夫婦で施工する部屋を分担して好きな壁紙クロスを選び、気に入らなければ選び直しました。

そして、壁紙クロスを住宅の内装として選ぶ方に知っておいて欲しいのは

壁紙クロスの材質はいろいろありますが

どの材質の壁紙クロスを選んでも固定資産税の評点数は同じ

和太
和太

要するにクロスの中でも選べるのであれば高級感溢れるクロスを選んだ方が、満足度も固定資産税においてもお得だということです。

また、数ある内装仕上げのなかで、仕上げに悩んでいるのであればクロスを選んだ方が毎年かかる固定資産税というランニングコストの面でもお得です。

壁紙クロス・その他内装の仕上げの固定資産税における評価点・我が家の固定資産税の詳細をまとめた記事はこちら!↓

こちらがリビングから見た全体の画像です。

和太家のLDK全体の雰囲気
和太家LDK全体の雰囲気

結果としましては、よくまとまっているのではないかと思っています。クロスを張る業者さんが来てクロスを張った後の家を見た時は感動しました。大満足です(笑)

ネットでクロス選びの時はいろいろ調べると思いますが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最後までこの記事をご覧いただきありがとうございました。

「和太の暮らし通信簿」ではその他に住宅に関すること・貯金のテクニックについてまとめた記事が多数ありますのでゆっくり遊んで行ってください。

「壁紙クロスを決めるのは結構時間がかかる」

管理人
和太

1990年生まれの和歌山市在住(妻・子ども1人あり)の年収300万円会社員男性です。

住宅購入のために1000万円以上を貯金して、頭金を出すことで2020年にローコスト注文住宅を購入しました。

そして住居費・水道光熱費の固定費を月々65,000円で生活できています。

・ローコストながらも満足できる注文住宅を購入した経験
・住宅購入のための頭金を貯めた貯金テクニック

についての情報を発信しています。

フォローしてくれると嬉しいです!

\ブログで取り上げた商品を掲載中!/

住宅関連 注文住宅の完成まで
スポンサーリンク
フォローしてくれると嬉しいです!
和太の暮らし通信簿

コメント

タイトルとURLをコピーしました